スポンサーリンク

SFC修行

修行の実際

 

なるべく金をかけないように、出費をしないように、ストイックに修行に打ち込みました。簡単ですが、私 みふお の記録を紹介します。

 

1日目-2レグ(累積2搭乗
今回は出張。空港でアメックスの営業マンとカード談議。この営業マンはSFCやJGCについては何も知りませんでした。ここには書けませんが、思いがけず○○○○をもらいました。垂涎の一品。でも金銭的価値はありません。

 

2日目-2レグ(累積4)
今後の修行のための味見を兼ね、初めての修行。搭乗数は極力抑え空港内を探検。ダイナースのおかげでラウンジで寛げました。2レグ終了後も、もし次の便に乗るとしたら何分の余裕があるだろうかと、出発ゲート直前まで行って時刻の確認もしてみました。

 

3日目-4レグ(累積8)
2日連続修行1日目。待ち時間に何をやるか考えていなかった。その時間に2レグなり、4レグなり入れればよかった。ラウンジ内を探検したり、飛行機を撮ったりしたんですが、それでも待ち時間が長過ぎて辛い。激ヒマである。こういうのも修行なんだね。如何に我慢できるかだ!なんていう麻雀マンガ、ありましたね。

 

4日目-4レグ(累積12)
2日連続修行2日目。昨日と全く同一のスケジュール。待ち時間に飛行機関連の本を読むも、待ち時間が長い。昨日でやりたいことは大体やっちゃったし…。クレジットカードのラウンジは端の方にあるので空いています。Signet よりも空いているかも。Signet 、早く行ってみたい。

 

5日目-2レグ(累積14)

午前中休暇を取って修行。仕事をなめてますねぇ。でも、そんなことができるんだから会社にも仕事にも恵まれています。修行後、会社に着いた時刻からして、休暇じゃなくても修行できそうだ。

 

6日目-4レグ(累積18)

出張。美味しいもの、美味しいお酒を頂きました。自宅の最寄りの空港に戻ってから、修行2レグ。むしろ彼の地で時間を使った方がいいんじゃないか?

いや、これも修行なんだと割り切る。現地滞在時間にしても、ケツが切られている方が有効な時間を過ごせるんじゃない?

 

7日目-2レグ(累積20)

午前中休暇ではなく、フレックス勤務制度を利用して出勤前に修行。5日目と同じスケジュール。会社に出ると、みんないつものように仕事している。自分は有効な時を過ごしてきたんだぞ、という優越感に浸る。余計な金も使ってきましたけど、何か?(笑)

 

8日目-2レグ(累積22)

旅行。妻と友人とツアーに。修行中だったので、飛行機で行ける所を選択。修行していなかったら其処には行けてないな、きっと。そんな風に、日本全国を旅するという修行も良いね。地ビール、地酒などを堪能しながら…。

いや、でも、これは修行なんだ。そんなことは空男に任せておけ(笑)。

 

9日目-8レグ(累積30)

本格的な修行1日目。スケジュールは、修行3日目・4日目と同じフライトの間に、4レグを入れたもの。8レグですよ。おかげさまで修行層として1ランクアップしました。極めて単調な経路だったので心に余裕はあったが、体力的には辛かった。これぞ正に修行と妙な満足感を得る。補足は後述。

 

10日目-7レグ(累積37)

本格的な修行2日目。昨日(9日目の修行)の疲れもあり、当初予定は9レグだったが2つは別の日に回して休憩。このヘッポコ修行僧め!(笑)

 

11日目-8レグ(累積45)

本格的な修行3日目。これで3日連続の "three-peat" だ。当初予定は10レグだったが、やむなく8レグに。補足は後述。

 

12日目-3レグ(累積48)

出張。帰りはわざわざ他の空港に寄ってから自宅の最寄りの空港に。そこから更に修行2レグの予定だったがキャンセル。当初予定は5レグだったが、やむなく3レグに。修行完了のハズが、手の隙間からSFCがこぼれていった。補足は後述。

 

13日目-2レグ(累積50)

フレックス勤務制度を利用して、出勤前に修行。7日目と同じパターン。

修行開始から3ヶ月でメデタク解脱。年度をまたがなくて良かったぁ。修行完了の感想は「やっと終わった」っていう感じだったな。「終わっちゃって寂しい」という感じはしなかった。

 

 

おまけ:14日目-2レグ(累積52)

出張。SFCを獲得したので使ってみたくて、わざわざ手間暇かけて飛行機で(往復割引)。新幹線の方がどれほど便利で楽だったことか…。でも、妻の方の親戚を訪ねることもできたし、開港したばかりのセントレアにも行けたし、一応満足だな。あれ、SFC(の話)は何処行った?(笑)

 

修行を終えて

 

航空券代総額は、¥472,500-(自腹 ¥381,600-)でしたが、空港までの移動など他にも多少の出費がありました。ちなみに、チケットの内訳は以下の通り。

  リピート4回  20
  超割      18
  特割1      7
  特割7      3
  シャトル往復   2

 

 

冷静に振り返ってみれば、単に飛行機に乗るというストイックな修行だけでなく、出張や旅など、彼の地で何かやってくる方が充実していたような気がします。金はかかったけど…。

 

金に関して、あのときの数十万円があれば…というようなことは生じません。しかも、人生が進むに従って、金の価値は相対的に低下していきます。

後々思うことは、せっかく飛行機に乗って色んなところに行ったんだから、金をかけて色々とやってくれば良かったかなぁということです。もう二度と訪れない地もあろうし、心に残ることも多いでしょう。

 

自分に対して(ついでに今後の修行僧の方にも)言いたいことは、

如何に節約するか(金を使わないか)ではなく、如何に金を使うか

を考えよう、ということです。

もちろん、バシバシ使えということではなく、有効に使えということです。ここでいう「有効」は金銭的価値でないことは自明ですね。

 

 

もう一度修行できるかというと、それはちょっと遠慮したい。

JALの方でも修行してJGCというのを取得したいような気もするが…

 

 

スポンサーリンク

修行は予定通りに進むか?


私の修行は50搭乗の方だったので、こちらの修行について考察します。

 

修行が予定通り進むかというと、そうは問屋が卸しません。最初は海外出張を当てにしており、PPを全く気にしないで予定を立てていたのですが、

途中、もしかしたら出張が無くなるかもと思い予定を組み直しました(その後出張はなくなりました)。

 

その他にも不確定要素は色々あって、修行の邪魔をすること必至です。この点について、ANA発表のデータを基に考えてみました。

 

運行情報 ANA Flight Data
【期間:2005年1月1日~1月31日】 国内線の運航情報に関するデータです。

最新情報はこちら

4つめの定時出発率については、どう考えるか難しいところです。

次のフライトに影響を与えないような定時出発であれば、何も問題ありません。

例えば、定時到着の場合や、次のフライトまで長時間空いているような場合です。

ここでは、不定時出発率の半分を予定が狂うとして扱ってみます。

 

ということで、以下のようになります

 

欠航率         1.6 %   = 100 - 98.4 %

引き返し便の発生率   0.129 %

目的地空港以外への着陸 0.179 %

悪影響不定時出発率   2.155 % = (100 - 95.69 %)/2

合計          4.063 %

 

 

以上のデータを単純に足してみると、

各回の搭乗で予定が狂う可能性が4.1 %(25搭乗で1回狂う割合)あるって

コトになりすね。

#まぁ、本当はこんなに単純ではないでしょうが…

 

また、プラチナを獲得するまでの搭乗回数50を掛けると、50搭乗のうち

何回予定が狂うと見込まれるかの期待値が得られます。

期待値         2.0315

 

つまり、修行中に2搭乗程度は予定が狂うと見込まれるということです。

 

続けます。

もしその日の最初のフライトが欠航するとなると、第2搭乗が不可能になります。

第2搭乗で最初の出発地に戻ってこないような予定が組んであったとすると、

例えば、羽田-伊丹-福岡-伊丹-羽田-…と予定していたとすると、

第3搭乗も不可能になります。

この日の修行はもうボロボロになっちゃいますね。

 

ということで、一気にまとめて修行するのは上手く行けば1日で10搭乗できることもあるかも知れませんが、下手すると無意味な1日になる可能性もあります。

 

さて、上の数値は1回1回独立な搭乗として考えた場合の数値なので、複数搭乗を一纏まりとするであろう修行の現実に合致していないかも知れません。

 

修行僧であれば1日2搭乗(2レグ)以上はするでしょう。

#もちろん、そうでない人も多いでしょうが…

 

すると、このとき、その日の修行がうまくいく可能性を考える方が現実的です。で、レグ数ごとに検討すると…

 

2レグ         92 % = (100-4.063 %)^2

4レグ         85 % = (100-4.063 %)^4

6レグ         78 % = (100-4.063 %)^6

8レグ         72 % = (100-4.063 %)^8

10レグ         66 % = (100-4.063 %)^10

 

どのように修行するのか人それぞれでしょうが、短期間に修行を終えようとして

1日に何度も搭乗しようとすると、その日に全てうまく行く可能性は低くなります(予定が狂う可能性が高くなります)。

 

ここで、修行を終えるまで、平均的に4レグとして12.5日間修行すると考えて、何回予定が狂うと見込まれるかの期待値と、割合を計算してみます。

同様に、5レグで10日間、6レグで8.33日間も計算してみます。

 

平均4レグで12.5日間修行だと、期待値は1.91日(15.3%)

平均5レグで10.0日間修行だと、期待値は1.87日(18.7%)

平均6レグで8.33日間修行だと、期待値は1.84日(22.1%)

 

ちょっと単位が違いますが、ここでも修行中に2回程度は予定が狂うと見込まれるということです。

 

このように予定が狂うことが見込まれているのですから、いつまでに、と期限を決めて修行すべきと思います。期限は、PPの期限である年末というのが一般的でしょうが、人事異動のあり得る年度末も要注意です。

 

期限に対して早目に終わるように修行計画を立てるとともに、予備の日も予め組み込んでおきましょう。

 

予備の日は、合理的には2日、安全係数2として4日は欲しいですね。4日という意味は、土日しか修行に使えない人にとっては2週間ということです。

 

 

駆け込み修行はおやめ下さい!

 

実例

 

私 みふお の場合、予定が2回狂いました。

 

 

1回目は天気の良い日でした。

 

修行11日目(本格的な修行3日目)。

前日の7レグを終え、空港近くに宿泊。この日は10レグの予定。

 

6搭乗目の直前、

「出発が遅れて申し訳ありません。出発の目処も立っていない状況です。」

とのアナウンス。

ヤバイ、あんまり遅れるとシャレにならんなーと思っていたところ、

 

「欠航になります。申し訳ございません。代替便は当初予定の数十分後の便として振り替えます。」

とのアナウンス。

晴天無風で、まさか欠航になるとはねぇ。整備上の理由だそうです。オイオイどうすんだよ、この状況。多少の怒りと、不安が頭の中を占拠しました。

 

私 みふお の場合、修行予定をExcelで作成しており、その日の時間的なスケジュール、その日獲得すべきPP、費用をしっかりと把握していました。

 

と、突然SFC修行の神が降臨し(プププ、笑うところです!)、代案を授けて下さいました。その代案であれば搭乗回数は減ですが、PPは予定より多く獲得でき、費用も節約できるというものでした。


後は、その代案が実現可能なのかどうかグランドホステスと交渉です。

欠航になり申し訳ないということで――まぁ、これが原因ではないんですが――

貴方の案は可能です、受け入れますとのこと。

 

結局、元の搭乗予定4つ(6~9搭乗)は「お客様都合以外の事由」でのキャンセルとして扱ってくれて、新たな搭乗分(新6,7搭乗)をその場で購入し、差額の払い戻しを受けました。その後はつつがなく修行を続行できました。

 

ラッキーだったのは、

6搭乗目がキャンセルになったのが大都市だったってこと。飛び方の選択肢がたくさんあった。別の場所だったら、こうはウマクいかなかったでしょう。

 

残念だったのは、 

10レグを達成できなかったこと(私 みふお の搭乗記録は今も8レグです)。

 

その日は、結局8搭乗でした。 

 

 

2回目は雪の日でした。

 

修行12日目。

この日は5レグの予定。且つ、この日で修行納めのハズでした。

 

第1搭乗は予定通りコンプリート。

 第2搭乗予定の飛行機が来るのが雪により遅延。延いてはその出発と目的地への到着が遅れる。

第3搭乗は予定便から変更を余儀なくされ、第3搭乗の目的地への到着が遅れる。

という事態に遭遇。

 

第3搭乗目的地からある地点への1往復の修行(第4,5搭乗)を予定していたが、その1往復の修行便に間に合わないという状況が生じました。

 

結局、その1往復の修行(第4,5搭乗)が不可能となり、別の日に修行することになりました。料金は全額払い戻しだったので特に金銭的な不利益は無し。

 

ラッキーだったのは、

第3搭乗の目的地(到着地)が自宅の最寄りの空港だったってこと。

別の場所だったら大変でした。

 

残念だったのは、 

修行納めのはずだったんですが、最後の2搭乗に待ったがかかったってこと。

 

 

予定が狂ったわけではありませんが、ギリギリだった例を…

 

修行9日目(本格的な修行1日目)

それまでは多くても4レグだったんですが、慣れてきたこともあり、

この日は8レグの予定。

 

朝一の最初の搭乗前、e-プリチェックインし、いざチケットを取り出さん!

としたときでしたっ。画面には「お近くの係員にお問い合わせ下さい」との内容が表示されました。げぅっ、時間ないのにー。ドキドキもんです。グランドホステスも取り出すのに結構時間かかってたなー。

 

で、何とか発券が間に合って、修行が続行できました。セキュリティチェックからゲートまでグランドホステスと一緒に走ったりして青春でした(笑)。

迷惑かけて済みません。

 

 

Hey Visitor!

スポンサーリンク